サイトマップ

格安航空券とは何か

近頃よく耳にする「格安航空券」とは、航空会社がパッケージツアー向けに旅行会社に卸した航空券を、旅行会社が個人向けに販売する割安な航空券のことをいいます。名前の通り、一般の航空券に比べて格安になっています。格安航空券の仕入れ方法は二種類あります。一つは、航空会社から卸売業者がパッケージツアー用の航空券を仕入れ、ツアーを組まないで個人に販売する方法で、もう一つは、大手の旅行代理店などが卸売業者を通さないで直接航空会社から大量に仕入れて個人に販売する方法です。格安航空券は旅行会社からしか購入できません。最近は、格安航空券も人々のニーズに合わせて多様化しており、種類も豊富になっています。この格安航空券には、OPEN航空券とFIX航空券の二種類があります。OPEN航空券というのは、搭乗区間と有効期限だけが決められており、復路は後日予約することができるというものです。

帰国便を決めないで出発することができ、航空券の有効期限が短ければ短いほど価格が安く、有効期限が長いものほど高くなります。FIX航空券とは、購入時に往路と復路の日時と便が決められていて変更することが一切できない航空券のことです。仮に滞在先で帰りの便を変更したいと思っても変更ができないので、その場合は購入済みの復路の航空券は無駄になってしまいます。変更がきかない分、OPEN航空券よりは安くなっています。 往路と復路の便の間隔も決められており、期間が短いほど安くなります。格安航空券の大半はこのFIX航空券で占められているとのことです。その他に、OPEN航空券とFIX航空券を合わせたようなFIX・OPEN航空券というものがあります。往路・復路とも日程や便が決定されていますが、滞在先で復路の便を一回変更できるというものです。